柏市で歯周病治療の専門医のいる歯医者【とみせ歯科室】が医療費控除についてご説明します

医療費の一部が手元に戻る? ~医療費控除制度とは~

医療費控除とは、医療費を支払った際に、一定の金額の所得控除を受けることができる制度のことです。


当院で歯科治療を受けた場合でも、治療にかかった費用は医療費控除の対象となります。医療費控除を受ける際にはまず、その年の1月1日から12月31日の一年間で医療費の合計が10万円を超えているということがひとつの目安となります。

また、この「合計10万円」というのは、ご自身の医療費だけでなく、自身または「生計を共にする親族」を含みます。
「生計を共にする家族」であれば、別居している場合でもこの対象となり、その逆に親族であっても同居をしていても、「生計を共にしていない」「それぞれに収入があり、ひとりひとり生計を立てている」という場合は合算の対象ではありません。

医療費控除はどんなものが対象になるの?

医療費控除はどんなものが対象になるの?


医療費控除はどんなものが対象になるの?

・医師または歯科医師に支払った治療費や診療費(インプラントや審美歯科の保険外診療も対象)
・通院や入院のために必要な交通費(公共交通機関のみ)
・白内障の術後や弱視の視能矯正用など治療上必要な眼鏡の購入費用
・治療のための医薬品購入費
・治療のための、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師による治療を受けた際の施術費
・介護保険の医療系居宅サービス(訪問看護・デイケアなど)、医療系サービスと併用される福祉系居宅サービス(ホームヘルプ・デイサービスなど)の利用料
・介護保険施設の利用料・食費・居宅費(特別養護老人ホームは費用の半額)
・療養上の世話のために家政婦などに支払う費用
・寝たきりの人のおむつ代(医師が発行した「おむつ使用証明書」が必要)
・その他

医療費控除の対象とならないもの

・通院のための自家用車のガソリン代・駐車料金
・診断書代
・予防接種、美容整形
・保険診断費用(診断を受けて異常が見つかり治療が必要になる場合、診断にかかった費用を医療費に含めることができます)

還付を受ける際に必要となるもの

・確定(還付)申告書(給与所得者は源泉徴収票)
・印鑑
・銀行等の通帳
・領収書(コピーは不可)

※申告の期間は、翌年の2月16日~3月15日の間です。サラリーマンの方の還付は1月以降受理されます。
※管轄の市役所・税務署などで受け付けており、現在は郵送やインターネットでの申告可能です。

インプラントなど高額医療の領収書は大切に保管してください。

当院で行なっている治療

  • とみせ歯科室では歯科衛生士さんを募集しております
  • とみせ歯科室 副院長 横山大樹 2009年度日本顎咬合学会優秀賞受賞
  • とみせ歯科室 副院長 横山大樹 日本臨床歯周病学会 歯周病認定医 歯周インプラント認定医
  • 治療費の一部が戻ってきます。医療費控除について詳しくはこちら
携帯電話からご利用の方は、上記QRコードをご利用ください。

〒277-0825 千葉県柏市布施146-19


→アクセスはこちら

当歯科医院について

とみせ歯科室は、『歯周病専門医』と『歯周インプラント認定医』による診療を行っているため、松戸市、流山市、守谷市、我孫子市、取手市からも患者様が来院されています。


「柏駅」「北柏駅」からバスに乗り「前原」下車すぐ、とアクセスしやすい場所にあり、駐車場も完備していますので、お車でもお越しいただけます。


土曜日も診療を行っていますので、平日に通うことの出来ない方でも安心してご通院いただけます。通いたくなる歯科医院を目指してまいりますので、お口のお悩みや気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。



  • 下記のクレジットカードをご利用いただけます(保険外診療のみ)
  • 当院のドクターがドクターズ・ファイルに紹介されました
ページ上部へ戻る

お知らせ

  • 2016/9/26

    歯科衛生士さんを募集しています。詳しくはこちらから

アクセス

診療時間のご案内

▲ 水曜日のみPM3:00~PM8:00/× 休診日 木曜、日曜、祝日(※学会、勉強会などにより診療時間が変わることがあります)■予約制(お電話にて症状とご都合をお聞かせ下さい)■急患随時受け付け■各種保険を取り扱っています■保険以外の自由診療については治療内容をご説明し、ご相談申し上げます